私が高校時代に突如前歯を2本失った経験談

私はあの日の事を未だに鮮明に覚えています。

現在私は27歳ですが、私が前歯を失ったのは高校3年生の12月の学期末テストの時です。

 

朝いつも通り支度をし、学校で風邪が流行っている時期だったのでマスクをして学校に向かいました。

テスト前日の夜は遅くまで勉強をして居ましたし、知識的には万全の状態です。

いざテストが始まる時に問題用紙が配られ始めて、ふと自分の体調の異変に気付きました。

凄く気分が悪く、吐きそうだったので先生に一言告げてトイレに向かいました。

トイレについて吐く為に個室に入ろうと思った時に、目の前が真っ暗になり突然倒れてしまいました。

横に倒れて個室の扉に頭を打ち、その反動で前から倒れました。

どこのトイレでも想像できるとは思いますが、床は固いです。

倒れた瞬間の記憶はありませんが、目を開けると隣のクラスの男の子が「大丈夫?先生呼んでこようか?」といってくれたので頷きました。

目を開けると自分の目の前に歯が1本、マスクを見ると血が付着していて更に周りを見渡すともう一本歯が落ちていました。

少しして、体育の先生が来てくれて先生に支えられながら保健室まで運んでくれました。

保健室の先生は飛んでしまった歯を洗ってホルマリンにつけておいてくれました。

歯医者まで車を出してもらい歯医者につき、医師から「保健室の先生の対応は素晴らしかったけど、残念ながらこれは戻せませんね。」と言われました。

それに続いて「通常の歯であれば元に戻すことが出来るが、あなたの歯は歯根が短いので戻す事が出来ない。」と言われました。

私に残された選択肢はもう差し歯しかありませんでした。

まず、倒れた衝撃で吹っ飛んだので歯茎をしっかり治してからでないとつけられないので暫く仮歯をつけて生活していました。

仮歯がないと話すときに「サ行、タ行、ナ行、ラ行」が話せなかったのには驚きました。

差し歯は当時保険が利かないもので、差し歯だけで10万円掛かりました。

現在では保険の改正が行われて差し歯でも保険が利くようになっています。

 

今でも当然差し歯で生活していますが、差し歯の管理も物凄く大変で差し歯の隙間によくものが詰まってしまい取り辛いですし取れない事もあります。

自分ではしっかり磨いたつもりでも歯間ブラシの届かない範囲に残ったりするので、歯肉炎や口臭の発生する原因になっています。

2ヶ月置きにクリーニングに行かないと自分でも分かるくらいに臭ってしまいます。

 

もし今現在虫歯等があり、歯医者が怖くて行かないで居る方が居るなら絶対に行ったほうがいいです。

歯は再生機能が無いので駄目になったらどんどん悪化していくだけです。

私のように歯のトラブルにならない為にも早急に歯医者に行く事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です